スレート屋根塗装工事について

強い日差しや雨にさらされる屋根
お住いの屋根が、今どんな状態であるか確認したことはありますか?

屋根の老朽化や破損は家に深刻な被害を与え、住まいの寿命を縮める事があります。屋根材自体が老朽化してしまった場合や、破損して雨漏りが発生している状態では屋根を葺き替えなければなりません。住まいも人と同じで、健康な状態を維持し寿命を延ばすためには、定期的な検診と手当が重要です。特に外装部分である屋根は、屋根に上らないと現状を確認することができないため、住んでいる方の知らないうちに劣化が進んでいく部分なのです。

塗装業者にできることは、屋根の状態をチェックし、塗装によって屋根の寿命を長持ちさせることです。屋根の葺き替えで大きな出費をする前に、塗装業者による屋根診断をお勧めします。

スレート屋根塗装工事施工の流れ

スレート(カラーベスト、コロニアル)屋根塗装工事の施工例を作業の流れと共にご紹介します。

1. 施工前

施工前

カビや樹液、苔が屋根材(カラーベスト)を覆っている状態です。

屋根に生えた苔

お住いの立地条件にもよりますが、厳しい環境(家の裏が山、川や山の付近等)では、数年で写真のようになってしまう場合もあります。

2. 高圧洗浄

高圧洗浄

高圧洗浄で屋根材に着いたカビや樹液、苔を洗い流して、素地(カラーベスト)が完全に乾燥してから、塗装作業に入ります。

3. シーラー塗装 金属部分

シーラー塗装 金属部分

高圧洗浄で屋根材に着いたカビや樹液、苔を洗い流して、素地(カラーベスト)が完全に乾燥してから、塗装作業に入ります。

4. シーラー塗装 下塗り作業

シーラー塗装 下塗り作業

屋根材(カラーベスト)自体を長持ちするようにシーラー(下塗り塗料)を劣化した素地(カラーベスト)に吸い込ませて中で固め、素地(カラーベスト)を強化ます。

5. タスペンサー取付け(縁切り)

タスペンサー取付け(縁切り)

縁切りはスレート屋根(カラーベストやコロニアルの屋根)の塗り替え時に必要な作業です。
塗装を行うと屋根材の隙間に塗料の膜(塗膜)ができてしまいます。タスペンサーを取付け、塗膜を剥ぎ取り、隙間を作ることで雨水の逃げ道を作ります。
雨水を排出するために重要な作業です。雨水の逃げ場がなくなると屋根下地の腐食、ひいては雨漏りに繋がります。

6. 中塗り作業

中塗り作業

遮熱塗料で中塗りを行います。
遮熱塗料とは、塗膜に遮熱効果を付与した塗料です。

7. 上塗り作業

上塗り作業

中塗りと同様に遮熱塗料で仕上げ作業を行います。

8. 工事完了

工事完了

見た目も美しい屋根になりました。
工事完了後は施工前の写真と完了後の写真をお渡ししております。

苔が付いた汚れた屋根にお困りならご相談ください。

屋根の洗浄を確りと行い、美しい屋根に塗装しなおします。
当社では、お客様のご要望にベストな塗料をお選びしております。

全てが塗装で収まる訳ではありません。
ご依頼いただいて屋根を検査したところ、葺き替えをお勧めする場合もございます。当社は地元に根付いて40年の会社です。多くの信用できる建築業者とのネットワークを持っておりますので、塗装以外の屋根リフォーム工事も可能です。
屋根塗装工事は地元に根付いた当社にお任せください。
屋根診断及び工事お見積もりは無料で行っております。