クラック(ひび割れ)について

モルタル外壁にクラックが発生すると、見た目も悪く雨水が浸入して建物の寿命に大きく影響してきます。
外壁のクラックが目立ってきたら、早めの対策と補修が必要です。

外壁塗装をお考えの方で、特に気になるのは、外壁にできる亀裂やひび割れ(クラック)ではないでしょうか。外壁や内壁、基礎部分に発生するクラックは放置すると建物の寿命に大きな影響を与えてしまいます。外壁のクラックは見た目も悪く、雨水が侵入して、雨漏りの原因にもなります。

外壁のクラック(ひび割れ)はどんな外壁でも起こるわけではありません。外壁材によってクラック(ひび割れ)が発生しやすいものと、しにくいものとがあります。特にクラックが発生しやすいのがモルタル外壁です。当社でもクラック補修のご依頼は、多くがモルタル外壁です。

モルタル(セメントに砂を混ぜて水で練ったもの)は、その性質上、乾燥により収縮を起こします。この時、形が変形してクラックが発生する場合があります。他にも、温度変化、地震などの自然災害、経年劣化などでクラックが発生します。

このページではモルタル外壁についてご説明させていただきます。

クラックはその大きさ(クラックの幅と深さ)やクラックの発生する箇所によって、以下のように分けられます。

ヘアークラック

ヘアークラック

0.2~0.3mm未満の小さなクラックです。髪の毛くらいの細さのクラックなので、ヘアークラックと呼ばれています。モルタル外壁に発生するヘアークラックは、表面部分(モルタル外壁材自体、またはモルタル外壁に塗布された塗装面)のひび割れなので、雨水が壁内に侵入はすることはほとんどありません。一般的に、細かいひび割れであれば、弾性のフィラー(下塗り材)をクラック表面に擦り込みながら塗布し、最後に表面塗装を行って補修完了になります。

構造クラック

構造クラック

0.3mm以上で深さが0.5mm以上の大きなクラックのことです。外壁自体が損傷しているクラックで、放置すると、クラックから雨水などが入り込んで、内壁の腐食や躯体の損傷につながることがあります。補修方法としては、クラックの溝に沿ってU字やV字にカットし、シーリングやモルタルを充填して補修します。

開口クラック

開口クラック

窓や戸などの開口部周辺に入るクラックで、斜め方向にクラックが発生します。開口部には力が集中しやすいので、建物にかかる負荷によって発生するクラックです。構造クラックの一種で、クラックの大きさにもよりますが、構造クラックと同じ補修方法です。

クラック補修について

クラックが入る原因は、経年劣化・地震などによる振動・気温の寒暖差・施工不良など様々です。
ひび割れで注意しなければいけないのは、横方向のからひび割れです。横方向のひび割れは雨水の流れを止めて内部に染み込みやすく、躯体を傷める危険性が高くなります。

定期的に行う適切なメンテナンスで、建物の寿命を延ばすことをお勧めいたします。

クラックの補修方法については、クラックの大きさや種類によって様々です。
クラック補修方法(施工例)については、下記のリンク先をご覧ください。

各クラックの詳細について