外装塗装工事について

住まいの外装は風雨や強い日差しにさらされています。
塗装によるメンテナンスは、外観を美しく保ち、建物の老朽化を防ぎます。

家を守る外壁材は、塗装によって、紫外線や風雨から外壁材を保護しています。
しかし、この塗装(塗膜)は永久的なものではありません。塗装には寿命(塗膜の耐用年数)があり、一定年数が経つと色あせや剥がれなどが目立ち、直接建物の外壁材に影響を及ぼしてしまいます。大切な住まいを守る為、塗装の寿命(塗膜の耐用年数)に応じて塗り替えが必要となってきます。

では、塗り替えの時期はどう判断すればよいのでしょうか?

一般的には『10年~15年に一度の塗り替え』が推奨されていますが、あくまでも目安に過ぎません。
現在使われている塗料や住宅環境によって、塗り替えのタイミングは変わってきます。その為、塗り替えが必要な状態かどうか見極めることが大切になってきます。
外壁面にみられる老朽化・劣化現象として、ご自分でも出来るチェックポイントがあります。

  • 苔や藻、カビなどの汚れが目立つ (北側の壁面や、湿気が多い壁面に苔や藻、カビなどが繁殖しやすい。)
  • 色あせ、チョーキング現象がみられる (チョーキング現象とは、塗装表面が劣化し、チョークのような白い粉状が手に付く現象のことです。)
  • ひび割れ(クラック)が発生している
  • 塗膜の浮きや剥がれがみられる
  • シーリング材のひび割れ、切れがみられる (シーリングとは、外壁材と外壁材の間に注入されているゴム材のことです。)

以上のような老朽化・劣化現象がみられたら、塗り替えの時期といえます。
塗り替えをしないと塗装面は、時間の経過と共に汚れ、劣化して美観が損なわれます。そして、ひび割れ(クラック)が発生した場合、そこから水が内壁に浸透して外壁の機能を果たさなくなります。内壁にまで水が廻ると、外壁塗装の費用で済むところを内部の補修など大規模な補修費用がかかってしまいます。
適切な時期に塗り替えを行うことで、長期的には建物の維持費用を抑えることができます。塗装による改修は、美観の回復及び外壁材の再保護のため必要です。塗り替えをすることで、建物を保護し、外観を美しく保つことができます。

外壁の塗装は問題のある個所を補修してから行います。
問題箇所を適切に判断するために、無料の外壁診断等を受けてみてはいかがでしょうか。
プロの目による点検で、塗装面を細かくチェックして適切に判断することで、家の寿命を延ばします。

詳しい施工内容は下記の施工案内をご覧ください。外壁材の種類、形状及び立地条件によって、お勧めする塗料も変わります。お気軽にご相談ください。

外装塗装工事施工説明

モルタル外壁塗装工事

モルタル外壁塗装工事[br-xs]について住まいを守る外壁の塗装工事定期的なメンテナンスで建物の寿命を延ばします!外壁は常に風雨を受けている部分です。...

続きを読む

ALC外壁塗装工事

ALC外壁塗装工事についてALC外壁は建て替えよりメンテナンスを!長く住むことが出来る、確りとした塗装工事をお勧め致します。ALC外壁とは軽量気泡のコンク...

続きを読む

シーリング工事

シーリング工事について住まいを守る外壁のシーリングは雨水の侵入を防いでいます。定期的なメンテナンスで建物の寿命を延ばす!外壁材の繋ぎ目を塞いでいるシーリン...

続きを読む

鉄部塗装工事

鉄部塗装工事について錆による建物の劣化を止める塗装工事建物外部にある鉄部は錆びるものです。塗装がはがれてしまうまでに進行した錆は鉄部自体を弱めてしまいます。...

続きを読む

木部玄関ドア塗替工事

木部玄関ドア塗替工事について玄関ドアは「お住いの顔」となる部分です。長年使い込んだ愛着ある木製ドア、汚れや痛みが目立ってきても、塗装で蘇らせる場合もございます。お...

続きを読む

外壁のクラック(ひび割れ)について

クラック(ひび割れ)についてモルタル外壁にクラックが発生すると、見た目も悪く雨水が浸入して建物の寿命に大きく影響してきます。外壁のクラックが目立ってきたら、早めの...

続きを読む