モルタル外壁塗装工事
について

住まいを守る外壁の塗装工事
定期的なメンテナンスで建物の寿命を延ばします!

外壁は常に風雨を受けている部分です。

モルタル外壁の老朽化によるひび割れなどを放っておくと、雨水が壁内に入り込んで家の寿命を縮めてしまいます。

モルタルはセメントと砂を混ぜた建築材料です。かつてのように新築の家に使われることは少なくなっていますが、現在でも個性的な家の外観を演出するための外壁材として使用されています。

定期的で適切なメンテナンスで、建物の寿命を延ばすことをお勧めいたします。

モルタル外壁塗装工事施工の流れ

モルタル外壁塗装工事の施工例を作業の流れと共にご紹介します。

1. 足場設置工事

近隣への配慮及び安全丁寧な仕事をするためには、足場の設置は不可欠です。また、近隣への配慮からも必要なものです。

2. 高圧洗浄

高圧洗浄作業中

長年の汚れ、ほこり等を高圧洗浄機の強い水圧で洗い流します。
モルタル外壁はその性質上、他の外壁材と比べて苔が生えやすい傾向があります。塗装作業の前に、しっかりと外壁に生えた苔を洗い落します。
この作業は雨の日であっても行わせていただきます。汚れを強い水圧で飛ばすので、雨の日の方が都合のよい作業です。 近隣へ十分配慮しながら、作業させていただきます。

3. シーリング工事

シーリング工事

写真は長年の日光や風雨等による劣化したコーキングの状態です。
コーキングの状態が悪すぎるときは高圧洗浄より先にコーキング材の打ち替えを行います。シーリング工事とは壁内に雨水が侵入しないように、サッシ周りなどのをシーリング材(コーキング材)で塞ぐものです。
シーリングは密閉して防水することで、コーキングは詰めるということですが、建築現場では区別なく同じ意味で使われています。

4. シーリング撤去

シーリング撤去

カッター等で古い劣化したコーキングを撤去します。

5. プライマー塗り

プライマー塗り

古いコーキングの撤去が終わったら、新しく打ち直すコーキングの密着をよくするために、プライマーを塗ります。

6. シーリング打ち

シーリング打ち

プライマー塗りが終わり乾いたら、コーキングを打ちます。

7. シーリングならし

シーリングならし

コーキングを打ち終わったら、ヘラ等でコーキングを平らにならしていきます。

8. シーリング完了

シーリング完了

コーキングをならし終えたら、養生を剥がしてコーキング作業は完了となります。

9. 微弾性フィラー塗り

微弾性フィラー塗り

下地処理(コーキング、パテ、場合によっては注入等の処理)が終わったら養生を行い、中塗り・上塗りの密着をよくするために下塗り材を塗装します。
下塗りでもしっかり塗布しないと上塗りがきれいに仕上がりません。

10. 中塗り

中塗り

ダークグリーンの上に白の下塗り材を塗装を行い、中塗りに赤系の色を塗装します(仕上げの色が赤系の為、中塗りも赤系にします)。
中塗りも下塗り同様しっかりと塗布していきます。

下塗り材を塗装を行った後に、中塗りに赤色系の塗料を塗装します(仕上げの色が赤色系の為、中塗りも赤色系です)。
中塗りも下塗り同様しっかりと塗布していきます。

中塗り

ホワイト部分に白の下塗り材を塗装し、ホワイト系の中塗りを塗装します。白色部分に白の下塗り材を塗装し、白色系の中塗りを塗装します。

11. 上塗り

上塗り

中塗り塗装後、乾燥させて上塗りを塗装します。

12. 工事完了

白色部分完了

白色部分完了

赤部分完了

赤部分完了

塗装完了後、白色部分と赤色部分のラインだしを補修して、全ての塗装工事が完了致します。

13. 引き渡し

工事完了

赤と白の思い切った色合いがお客様のご希望でした。
何度も打合せをしたかいがあり、大変満足して頂きました。

市区町村によっては使用できない色もありますので、ご相談下さい。
色はお客様に決めて頂いておりますが、たまに「お任せいたします」というお客様もいらしゃいます。その際は、お客様と十分に打合せをしてお客様に決めて頂くようにしております。