木部玄関ドア塗替工事について

玄関ドアは「お住いの顔」となる部分です。
長年使い込んだ愛着ある木製ドア、汚れや痛みが目立ってきても、塗装で蘇らせる場合もございます。
お取替えをお考えになる前にご相談下さい。
木製ドアでも、定期的なメンテナンスや塗り替えで美しく保つことができます。

木製の玄関ドアは、アルミ製やステンレス製と違って、木の持つ独特な風合いや色味、自然素材を使うことで温か味を感じることができます。 しかし木部の玄関ドアは、室内と比べ木にとって良い環境とは言えず、風雨や紫外線により色の変化など、経年劣化がおこります。主に地面に近い下半分は表面塗装がはがれて劣化しやすい場所です。表面塗装が剥がれ、汚れや痛みが目立ち始めたら、再塗装又は修繕をお勧めいたします。

木製の玄関ドアは木の特性上、定期的なお手入れが必要です。
木の特徴を活かした塗り替えで、美しい玄関ドアを取り戻すことができます。

木部塗装(オイルステイン塗装)工事施工の流れ

木部塗装工事の施工例を作業の流れと共にご紹介します。

今回はお客様の玄関の内側の色に合わせてほしいとのご要望がありましたので、オイルステインで調色をいたしました。オイルステインとは、木目を活かしつつ着色もできる塗料です。

オイルステイン今回は黒・赤さび黄色で調色そのほか、色としては赤や青・白などでも使うこともあります。

1. 施工前

施工前

新築時から約30年以上お使い続けた玄関ドアの塗り替えをご依頼いただきました。

アルミ製の玄関ドアに取り換え等いろいろ考慮なされたようですが、それでも思い出のある玄関ドアなので、新築時の様に、蘇らしたいとのご要望があり、木目を生かした再塗装をすることになりました。

2. 剥離作業(剥離剤塗布)

剥離剤塗布

汚れて剥がれ落ちた旧塗膜を剥離する作業を行います。旧塗膜が残った状態で再塗装してしまうと、旧塗膜ごと塗装が剥がれる恐れがあり、劣化の原因になります。

剥離剤を塗り、しばらくしてからヘラ又はスコッチブライト(旧塗膜を剥離するための不織布研磨剤)で表面だけを削って、水で洗い落とす作業を何度か繰り返し行います。

3. サンダーがけ

サンダーがけ

ある程度、旧塗膜が取れたら、木目に沿って、サンダーをかけ、表面をならしていきます。今回は、木目を生かした塗装になりますので、この作業は重要な作業となります。サンダーかけを丁寧に行い、木目を引き立たせます。

4. 薬品洗い(シミ抜き)

薬品洗い(シミ抜き)

木の性質上、老朽化した木部には汚れがしみ込んでいます。これらの汚れたシミ等を取り除くための薬品(漂白材)を塗り、水で洗い落とします。
薬品は汚れの度合いやその質に応じて、汚れを取り除く薬品が異なります。

漂白材は医薬用外劇物の薬品ですので、取り扱いには注意が必要です。手に付着しないよう、必ずゴム手袋で慎重に作業を行います。

5. 下地処理完了

下地処理完了

漂白が終わりましたら、よく乾燥させて、気になる箇所をもう一度、サンダー掛けし、薬品で洗い落とします。木部の汚れが落ちましたら下地処理完了となります。

6. 塗装作業

塗装作業

内部側の色に合わせて頂きたい、とのご要望でしたので、客様に立ち会って頂き、オイルステインで着色していきます。 お客様のイメージ通りになるよう、木目を残しながら着色します。

オイルステインは塗装するものに浸透して色付けする着色料です。

7. 塗装完了

塗装完了

木の木目によって、塗料を吸い込む所と吸い込まない所の差が出るため、木部用クリヤーを3回から5回(木部の状態によります)塗装し艶の統一感を出します。
完成時は曇っていたのですが、写真を撮るときに影が映るほど光沢ができ、お客様にも大変喜ばれました。

木部の傷みや腐食が目立ち始めたら、ご相談ください。

木製玄関ドアを再塗装することで、また愛着を持っていただけると思います。年数と傷み状況にもよりますが、剥離をして、ニスを塗るだけの(生地仕上げ)などもあります。上記施工例のようなオイルステインで着色のクリヤで上げ、以外にもキシラデコール仕上げ、自然塗料等、木部玄関ドアを蘇らせる方法はいろいろございますので、ご相談ください。

木材が腐食したり、木材の割れがある場合、再塗装ができないことがありますので、早めの点検をお勧めいたします。